ドッグフードと愛犬の健康

メリットの多いドッグフードって

たんぱく質を多く含むドッグフード

たんぱく質がたくさん含まれたドッグフードは愛犬の健康にとって非常に重要です。
なぜかといいますと、たんぱく質は体の様々な部分に良い影響を与えてくれるからです。
先ずは、筋肉や骨格の成長を促しててくれます。
特に筋肉は、肥満の防止に重要な代謝の良し悪しを大きく左右します。

そして体毛です。
たんぱく質が不足してしまうと、毛並みが悪くなります。
その理由としては、体毛自体がたんぱく質で形成されている点が挙げられます。
たんぱく質が不足するということは、言ってみれば毛が栄養失調の状態といえるのです。
また、犬は本来肉食動物です。
ですので、たんぱく質が少なく穀物が多く含まれたフードを食べ続けると、内臓にも負担がかかります。

その結果、皮膚や体毛にも影響が出てきてしまうということもあるのです。
犬の健康を保つためには、高たんぱくなフードを与えることが重要なのです。

消化酵素が配合されたドッグフード

また、消化酵素が配合されたドッグフードもメリットが多いです。
犬の胃に存在する消化酵素「ペプシン」は、たんぱく質を分解する役割を担っています。
コレが不足してしまうと、消化不良や食欲不振の原因となるわけです。
ですので、消化酵素が配合されたドッグフードを与えることで健全な胃を保ち続けることが出来るというわけです。

そして、もう一つ大きなメリットがあります。
それは、消化酵素が含まれているということは新鮮な材料が使われている事を意味する点です。
消化酵素は、新鮮な野菜や果物の中にしか存在しません。
ですので、通常のフードでは摂取することはかなり難しいのです。
逆に言えば、消化酵素の存在を保っていられるフードということは極めて新鮮な物を使って製造されていることを意味するのです。
なので、少しでも鮮度の高いフードを食べさせてあげたいという方は消化酵素が含まれているか否かを目安にすると良いでしょう。

乳酸菌入りドッグフード

そして、乳酸菌が含まれているドッグフードもたくさんのメリットがあります。
乳酸菌は、腸の中に住んでいる善玉菌の食事になります。
善玉菌は腸の機能を健全に保ち、便の排泄を管理するのに重要な菌です。
逆に悪玉菌が多くなると、下痢や便秘が頻発してしまいます。
なので、善玉菌の数を増やし悪玉菌を倒してくれる腸内環境が重要なのです。
そのためには、乳酸菌を多く摂取すると効率よく善玉菌を増やすことが出来ます。
下痢や便秘は、人間と同じように犬も多大なストレスを感じてしまいます。
つまり、乳酸菌入りドッグフードを与えることはそういったストレスを解消することにも繋がるのです。

手作りドッグフード

フードには様々なメリットが存在しますが、そのメリットのすべてを得ることが出来るのが自らの手で作るドッグフードです。
いわゆる手作りドッグフードは、完全な無添加を実現したばかりでなく犬の体調、体質に合わせてレシピを考えることが出来る唯一の方法なのです。
「高たんぱく」で「消化酵素を含み」、「乳酸菌を含んだ」フードを作るということも可能です。
例えば、ササミを茹でて細かく切った物と大根おろしを、ヨーグルトに混ぜ合わせれば先述の条件をクリアしたフードが実現します。
ヨーロッパ諸国では、こういった手作りドッグフードは一般的なものですのでぜひお試しください。

↑go to top