ドッグフードと愛犬の健康

ドッグフードの保管方法

ドライドッグフードの場合

ドライドッグフードは湿度が低く日光は当たらない冷暗所で保管した方が良いです。
なぜかと言いますと、ダニが発生する可能性があるからです。
ダニは人間と同じように、犬にとってもアレルギーの原因となります。
主に抜け毛や皮膚の炎症などを引き起こし、場合によっては体内でも炎症を引き起こす可能性があります。
体内での炎症が慢性化すると内臓へのダメージが蓄積し、最悪の場合死んでしまうこともあるのです。
ですので、ダニは犬にとって非常に危険です。
ダニは気温が高く湿度の高い、じめじめした場所に発生します。
ですので冷暗所でドライドッグフードを保管をすることでダニの発生を防ぐことができるのです。
しかし、夏には冷暗所であっても気温や湿度が上がりやすく、ダニの発生する条件になりやすいため注意が必要です。

セミドライドッグフードの場合

セミドライドッグフードの場合、いかにして密封して保管できるかが重要となってきます。
セミドライドッグフードはドライドッグフードと違い湿り気があります。
その為、ダニの他にもカビが発生しやすいのです。
カビは、ダニと同じようにアレルギーの原因になる他、食中毒にかかってしまう原因にもなります。
たとえ賞味期限内であっても、セミドライドックフードの場合は高温多湿の条件下ですとカビが発生しやすいです。
ですので、カビの侵入を防ぐために密閉した空間で保管する必要があるのです。
例えば真空パックを用いて保管すると、カビの発生を防ぐばかりでなく品質を保つこともできるので大変おすすめです。

レトルトドッグフードの場合

レトルトタイプは、未使用であれば日光の当たらない場所に保管しておけば問題ありません。
しかし一度使用したもの、言ってみれば食べかけを保管するのには注意が必要です。
レトルトタイプは材料の新鮮さを売りにしております。
ですが開封すると鮮度がどんどん落ちていってしまうのです。
言ってみればメリットが刻一刻と失われていくわけですね。
更に、レトルトタイプはフードの中でももっとも水分量の多いフードです。
ですので一度開封すると雑菌やカビが非常に繁殖しやすい環境となってしまうのです。
ですので、一度開封した物はなるべくその日に食べきってしまうのが良いです。
レトルトタイプは犬種によって量を設定した物も多数あるので、そういったものを活用すると一層良いです。

冷蔵庫を活用すると、より良い

もっとも手軽に、そして確実で安全にフードを保管する方法が「小型冷蔵庫」を活用するという方法です。
何故かといいますと、ドライドッグフードにおける「冷暗所」という条件、そしてセミドライドッグフードの「密閉された空間」という条件、さらにレトルトタイプの「鮮度を保つ」というすべての条件に当てはまるからです。
冷蔵庫であれば日光が当たることはまずありませんし、中の温度も一定で更に低温です。
ですので鮮度を保つことが出来、カビやダニなどのアレルギーの原因を防ぐことも出来ます。
「ドッグフードと同じ場所に食品を保管する」事に抵抗のある方の場合は、小型の冷蔵庫を活用されると良いです。
小さいので場所をそんなにとることは無く、また買い過ぎたとしてもドッグフード専用の冷蔵庫であれば長期間大量に保管しておく事が可能です。

↑go to top