ドッグフードと愛犬の健康

においを抑えるドッグフード

高たんぱくのドッグフード

高たんぱくのドッグフードを与える事によって、においを抑えることができます。
犬の内臓は、肉を消化するのに長けています。
ですので、高たんぱくなドッグフードを与える事により消化吸収がスムーズに行われます。
たんぱく質は筋肉や骨格だけでなく皮膚や体毛といった表面の部分にも重要な栄養素です。
ですので、たんぱく質の少ないフードを与え続けると栄養が行き渡らず、体毛や皮膚も傷ついてしまうというわけです。
つまり、体臭の原因というのが古く傷ついた細胞が放置された結果ともいえるわけです。
また、筋肉を発達させることで代謝能力も向上するため、皮膚から老廃物が流れやすくなります。
この老廃物もまた、体臭の原因の一つです。
コレが体内にたまったままですと、たとえシャンプーをしてあげたとしても体臭が軽減することが無く非常に苦労する羽目になります。
このように、たんぱく質を多く含んだフードを与え続けるということは体臭軽減に非常に効果があるのです。

食物繊維の多いドッグフード

そして、食物繊維を多く含んだフードもまたにおいを抑えるのに効果があります。
人間と同じように、便秘が長く続いてしまうとそれが体臭の原因になります。
先述のように、老廃物が蓄積されることによって匂いが発せられるようになるわけですが、この老廃物をもっとも多く含んでいるのが「便」です。
例えば腸内菌の死骸や古くなった腸壁が剥がれ落ちた物、そして消化不可能な食べカス等様々な物を含んでいるのが便です。
コレが排泄されないで居ると、やはりにおいも強くなってしまいます。
ですので、食物繊維を多く摂取して排便を促すことで、においを抑えることが出来るのです。
食物繊維は、野菜に多く含まれて居ます。
ですので普段のフードと一緒に簡単に茹でた野菜を手作りドッグフードとして与えると良いでしょう。

乳酸菌を含んだドッグフード

乳酸菌を含んだフードもまた、体臭の軽減に効果があります。
便秘を解消することでにおいを抑えられる旨を先ほど書かせていただきましたが、乳酸菌もまた、便秘の解消に効果があるのです。
腸内には「善玉菌」という菌が存在しています。
この菌が腸内を健全な状態に保ち、便の排泄にも重要な役割を担っています。
この善玉菌が少なくなると、便が上手く排泄されなくなってしまうのです。
逆に言えば、善玉菌の数が多いと便がスムーズに排泄されるようになります。
それを実現するのが乳酸菌です。
乳酸菌は胃の中で死滅した後腸内に運ばれ、善玉菌のえさになります。
このエサが多くなればなるほど乳酸菌の数も増えていくのです。
ですので、乳酸菌を含んだフードは匂いを押さえるのに効果があるといえるのです。

低脂肪のドッグフード

低脂肪のフードも、においを抑えるのに効果があります。
脂肪は摂取された後、余った物は体内に蓄積されることになります。
コレが長い間放置されると酸化してしまいます。
この酸化した脂肪が人間でいうところの加齢臭の原因になるのです。
ですので、脂肪の少ないフードを与えるということは体臭の原因を取り除くことにもなるのです。

↑go to top