ドッグフードと愛犬の健康

低アレルギーのドッグフードとは

ミール未使用のドッグフード

低アレルギーのドッグフードとして良く高たんぱく質のドッグフードが選ばれますが、その中でも「ミール」が未使用のものを選ぶ必要があります。
ミールとは、屠殺した畜産動物を粉砕して作る加工肉のことです。
しかし、加工肉と言いましても畜産動物のすべてを加工した物で、入っている物は肉だけではないのです。
例えば「ツメ」や「体毛」、そして「歯」や「骨」など様々な部位が含まれているのです。
特にツメや体毛は消化することが出来ないため体内に残留し続ける可能性があります。
これが、アレルギーの原因となるのです。
また骨粉も、脊椎に近い部位の物が含まれていることもあります。
これはアレルギーだけでなく、例えば牛が使われていた場合は狂牛病が発生する危険性もあります。
ですので、ミール未使用のドッグフードを選ぶ必要があるのです。

穀物未使用のドッグフード

穀物が使われていないドッグフードも、アレルギー発症の可能性を下げてくれます。
犬は穀物を消化することが出来ません。
なぜなら、犬は本来肉食動物であるため、穀物を消化することに長けていないのです。
ですので、この穀物もまた消化されること無く体内に残ってしまい、アレルギーを引き起こす原因となるのです。
そのため、穀物が入っていないドッグフードを利用することをオススメします。
特に、肉類を多く含んでいる高たんぱくなドッグフードが良いです。
何故かといいますと、犬にとって消化が良いため体内に残留することが無く、またたんぱく質を多く摂取することで身体の成長を促し、体を丈夫にしてくれるのでアレルギー発症のリスクを下げてくれるからです。

オーガニックドッグフード

オーガニックにこだわったドッグフードも、アレルギー発症のリスクが低いフードです。
オーガニックとは天然由来の成分のみで作られている物を意味します。
ですので、そういった成分を使った保存料を使用していればオーガニックと呼べるので、実は保存にも長けているのです。
後述の無添加ドッグフードもまたアレルギー発症リスクは低いですが、保存という面から見るとオーガニックのドッグフードの方が利用しやすいといえます。
アレルギーは人工的に作られた化学成分から発症することが多く、農薬を使った野菜が使われていた場合も発症のリスクが高まります。
ですので、同じオーガニックドッグフードでも無農薬をうたっているドッグフードの方がいっそうリスクは少ないといえます。

添加ドッグフード

無添加のドッグフードは、アレルギーの原因を根本から排除したフードであるといえます。
アレルギーは、アレルゲンと呼ばれる原因要素と化学成分が結合することで発症すると言う説があります。
人間を例にすると花粉症が一般的です。
花粉症は杉意外にも様々な草花の花粉によって引き起こされますが、江戸時代などの資料を見ると「春はくしゃみをする者が増える」といったことを記載した資料は一切無いため、花粉症は現代になって生まれたといえるわけです。
食物によるアレルギーも同様で、それは犬にも同じことが言えるのです。
保存料や着色料など、そういった化学成分を用いた添加物が多用されることによってアレルギーが生まれたともいえるので、逆に言えば無添加ドッグフードはアレルギーの発症リスクを軽減してくれるといえるのです。

↑go to top