ドッグフードと愛犬の健康

素材にこだわるとペットに影響する

高たんぱくな物は特に重要

高たんぱくをうたっているドッグフードは、特に素材が重要になります。
同じ高たんぱくフードであっても、その素材が「肉」であるのか「ミール」であるのかによって大きく異なっていきます。
ミールとは、一種の形成肉のことです。
しかし普通の肉ではなく畜産動物を粉砕して作られた物になります。
つまり、ミールには畜産動物の毛や歯、ツメのような部分も含まれているのです。
これらは犬にたいしてアレルギーを引き起こしてしまう可能性が極めて高いです。
ですが、高たんぱくをうたっている物にミールが含まれていることは決して少なくありません。
何故かといいますと、価格を抑えられるからです。
それでいて高たんぱくである事に間違いはないので、うそをついていることにもなりません。
しかし、危険性が高いことには変わりないので注意が必要なのです。
たんぱく質にいったいどのような素材が用いられているか、コレはドッグフード選びにおいても非常に重要なのです。

野菜が含まれる物でも、新鮮であるかどうかを見極めなければならない

野菜が含まれている物でも、それが新鮮であるかどうかによって意味が大きく異なってきます。
犬が野菜を摂取する大きな要因は「食物繊維」と「消化酵素」です。
まず、野菜に含まれている水溶性食物繊維は排便をスムーズにしてくれるという役割を持ちます。
コレにより、便秘を防いでくれるというわけです。
この食物繊維は新鮮な野菜でなくてもある程度は含まれて居ます。
問題は消化酵素です。
消化酵素「ペプシン」は、犬がたんぱく質を消化するために重要な物です。
しかし、コレは新鮮な野菜にしか含まれていないのです。
ですので、たとえ野菜が多く配合されたフードであっても新鮮なものでなければあまり意味は無いのです。
国産のフードは、特に国内で製造されている物であれば外国産のように空輸する必要も無いので鮮度は非常に高く、消化酵素も多く含まれている傾向にあります。

フードに含まれる穀物と、日常的に与える穀物の違い

フードに含まれている穀物と、オヤツ感覚で与える一般的な穀物は大きく異なります。
フードに含まれている穀物の中でも一般的なのがトウモロコシですが、実は普通のトウモロコシではありません。
実は、フードに含まれているのは「デントコーン」と呼ばれる物で栄養価は極めて低いのです。
しかし、一般的にスーパーなどで売られているトウモロコシは食物繊維やビタミンも豊富で、栄養価が高いです。
ですので、もし穀物を与えるならばフードに配合されている物ではなく一般的に販売されている物を選んで、オヤツとして与えると便通の改善や毛並みが良くなるなど、健康面でも良い影響が出てきます。

手作りドッグフードは、特に影響する

手作りドッグフードは、特に影響が出やすいといえます。
何故ならば、素材を自分で選ぶからです。
例えば同じ果物でも、輸入物は保存料が使われているためアレルギーなどの原因になります。
ですので、国産のものを使用したほうが良いです。
肉でも農場によっては抗生物質を多く含んだ飼料を与えているところもあるので、値段が高めのブランド系の肉を与えたほうが良いです。

↑go to top